読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタッフより

f:id:tabloid_recruit:20160804204354j:plain

 

はじめまして!入社2年目の津田です(^^)

 

今回は、私がタブロイドに入社してどう感じたか、どんな事が起きたか、

いろいろ書かせていただきたいと思います♪

 

〈入社まで〉

私は小さい頃から絵を描くことやものづくりが好きで、

好きなことを仕事で活かせたらいいなという想いからこの業界に入りました。

 

大学を卒業後、2年半ほど印刷会社で広告制作のお仕事をしていました。

好きが高じて始めた仕事だったので最初は楽しく仕事をしていたのですが、

この業界は朝早くから夜遅くまでが当たり前なところがありますよね。汗

当時は朝早くから夜遅くまで、ダラダラと作業的に仕事をしていたと思います。

社員さんの中には会社で寝泊まりしている方も居たくらいです(笑)

 

覚悟はしていましたし、仕方ない部分があるのも理解していました。

しかし、そんな生活の中で体力は削られ、モチベーションも下がる一方で、

やる気だけでは乗り越えれない壁があるのだと初めて感じました。

そして、より良いデザインをするにはある程度の時間と心の余裕は必要なのだとその時思いました。

 

また、もっともっとデザインの力を磨きたい!と思うようになり転職を決意しました。

 

しかし、それと同時に不安もありました。

今の自分のスキルで他の会社で通用するのだろうか。

どこの会社も同じなのではないか。

 

そんな不安を抱えつつ転職にふみきりました。

 

〈入社して感じた事〉

タブロイドに入社し、1番始めに感じたのは自由な社風だということです。

本社内では常にラジオが流れ、お昼休みや休憩も自分のタイミングでとれますし、

やるべきことをしっかりやっていれば現場に色々と任せてもらえます。

2番目に感じたことは社長と社員の距離が近いということです。

「みんなの会社だから全員で意見を出し合って全員で決めて行こう」という方針で、

社長と社員が一丸となって会社の今後について考えています。

なので、年齢・キャリアに関係なく自分の意見は言いやすい環境ですし、

良ければ意見を取り入れてもらえます。

月に1回全体ミーティングを開催して情報共有をしたり、

社内行事をしたりしてコミュニケーションをはかっています。

 

〈入社してから感じた成長〉

現在は、本社で主に流通チラシの制作をさせてもらっています。

私は今まで流通チラシの経験が無かったのですが、

先輩方の手厚いサポートのおかげで多くのことを学びました。

技術面は数をこなすうちに自分でも上手くなったことを実感できます。

また、今まで営業さんとのやりとりや上司からの指示だけでデザインをしていくことが多かったのですが、

お客様との電話でのやりとりが主なので、情報を上手く聞き出し、

それを形にしていかなければいけません。

まだまだ未熟ではありますが、コミュニケーションスキルも同時に身に付いたと感じています。

デザイナーを目指していくのであればこの2つは必須条件となると思いますので、

必ず自分の力になっていく環境だと思います。

 

もちろん良い事も大変な事もありますが、私は転職をして良かったと思っています!(^^)